ページ内を移動するためのリンクです。

Words

150. 夢なのか現実なのか  2007.1.21

夢なのか現実なのか
時々わからなくなる

君のぬくもりがそこにあって
何かを伝えようと
手を握ったまま
僕には何一つ 聴こえないんだ
声を出した瞬間
スイッチを切られたように
夢から覚める

君は何を伝えようとしていたの?

149. ひとりじゃない  2006.12.24

降り出した雪に罪はない
そう この世界に生まれた命に罪はない

だからもっと
素直になればいい

もっと笑って
もっと泣いて
時には怒ったっていい
じゃなきゃ自分じゃなくなってしまうから

一人じゃない
二人でもない

心は繋がっている
出会った数だけ繋がっていく

必ずどこかで
君を
見守っている人がいることを
忘れないで

148. 戻らない  2006.11.12

もう 戻れないよ
戻れないんじゃなくて
そう 戻らないんだよ
何もかも

すべては
何もないところから始まって
終わりなんて本当は
無いのかもしれないね

どこで
ピリオドを打つか
それとも 打たないか
誰かに打たれるか

一瞬一瞬の気持ち次第で
運命は変わっていく
そう 気づかないだけで
どんどん変わっていく

147. 酸素  2006.10.13

君にとって
僕の存在がなんなのか
ずっとわからずに
今日まで生きてしまった

僕にとって
君は酸素

だからそばにいて欲しい
逢えなければ苦しい

我慢も大事だけれど
そんなに長くは続かない
我慢していることすら
忘れてしまいそうなくらい
気が遠くなる 遠くなる

君が必要とする
酸素になりたい

146. こんな夜だから  2006.9.19

素直って難しい
一歩間違えれば我侭
我慢しすぎると まるで
強がってるみたいに映る

ただ 伝えたいだけなのに
ただ 声が聴きたいだけなのに
うまくいかない

ずっと朝が来なければいいのに
って思う夜もあれば

もう朝が来ないかもしれない
って思う夜もある

今は少しだけ
時間を止めて欲しいと願う

この気持ちを忘れたくないって
思うから

145. 20060827  2006.9.10

いつかここで歌いたかった
色んな想いが胸を刺して
感情がぽろぽろとこぼれた

いつかここで笑いたかった
傷つけたもの 傷つけたひと
胸の中にしまったまま
今日という日まで生きてきたから

もう振り向かないでいいよって
神様に言われたみたいに
心の鎖がすーっと解けた

ありがとう 色んなひとに
ありがとう 色んなものに

今日の日まで
ありがとう

144. 成長  2006.7.14

居心地はいいけれど
ずっとここにいるわけにはいかない
もうすぐここを
離れなければならない

だって
いつだってここには来られるし
いつも心の中にあるから

そしてまたいつか
ここを訪れた時に
懐かしく感じることができたなら

それは
自分が成長した証拠と言えるから

143. 想い  2006.7.10

ひとは
生まれる場所を選べない
生まれる時代を選べない

何故生きているかなんて
誰にもわからない

誰もが孤独なはずなのに
人の心に触れると
寂しさは一瞬その光の中へ溶ける

人は慣れていく生き物
一人に慣れると二人は窮屈に感じる
でも
二人に慣れると一人は
もっともっと孤独を感じさせる

だからずっと
君の心に触れていたいんだ

だからずっと
この月を眺めていたいんだ

142. わたしよりも  2006.6.10

閉ざしていた想いが
ふっと 頬にふれる風とともに
よみがえる

あの頃は
何も 誰も いなくて
ただ自分を信じるしかなかった

ずっと ずっと
伝えたくて

ずっと ずっと
伝わらなくて

夜の真ん中で
夜明けがくるのがいつも怖かった

でも あなたは
もっと暗い闇の中で
生きていたんだね

141. 欠片  2006.4.20

誰にでも間違いはある
完璧な人など存在しない

仮に存在したとしても
完璧な人ほどつまらない人間はいない

きっと ずっと
この身体がいつか機能停止になるまで
その足りない欠片を探し続けるのかな
明日も 明後日も

私の足りない欠片は
あなたが持っているのかな

140. だからいま  2006.3.26

PCが前触れもなく
突然壊れてしまった

この身体もいつかこんなふうに
壊れてしまうのだろうか
バックアップなんてとれないけれど
1分1秒に後悔しないように
生きることは出来る
だからいま
君に逢いに行きたい

139. 星空  2006.2.7

夜空に浮かぶ星は
幼い頃から
ずっと変わらない
まるで自分を映し出す鏡のよう

自分だけには
決して嘘をつけないように
人には変わらないものが
かならず心にある

もし変われるとしたら
そのときは
きっと
この星空も変わるとき

138. もしも  2006.2.2

もしも
前世というものがあったとしたら

そこでも きっと
君と出逢っていたんだと思う

どんな関係かは
わからないけれど

ずっと ずっと 前から
君のことを知っているような
不思議な感覚に陥る時が
あるから

この身体は
時間が限られているけれど
魂はどこまで続くんだろうね

137. そこから始めるなら  2006.2.1

どうして
何も言わないの

どうして
何も見ないの

心で笑って
言葉で飾って
弱いものだけ味方にして

自分と戦おうとせず
そこからは何も生まれやしない

まず自分を信じなきゃ
そこからは
何も始まりはしないのに

136. 走り続けなきゃ  2006.1.31

いつでも
逃げるのは簡単なのに
逃げ出さないのは何故?

いつでも
やめるのは簡単なのに
やめないのは何故?

そこで自分というものが
きっと終わってしまうって
どこかでわかっているから

走り続けなきゃ
見えないものがあるから
走り続けなきゃ
手に入らないものがあるから

走り続けなきゃ
もう二度と
君に逢えないから

135. 感謝しよ  2006.1.30

何もない日常より
忙しい毎日の方がいいって
思っていたけど

この私を動かしている体のためには
何もない一日もたまにはいいのかな

当たり前のことに
感謝することをすぐに忘れてしまう
人間という動物

今こうして生きていることも
明日出会う色んなものにも
感謝しよ

それはすべて
自分のためになるから

134. 伝えたい  2006.1.29

なぜこんなに惹かれるのだろう
無意識に頭の中で
あなたとの会話が流れてる

性格の相性がよいから?
身体の相性がよいから?
それ以上に心で通じ合える何かが
あるからなんだろうね

嬉しいことも
悲しいことも
泣きたい夜も
叫びたい朝も
一番最初に伝えたい

今日は今日でしかないから
明日はもうここに
いないかもしれないから

133. 永遠  2005.11.8

始まりがあれば
必ず終わりがある

目に映るすべてのものに
限りがあるように

形あるものは
いつか必ず壊れてしまう

この身体は予告なく
いつか必ず消えてしまう

永遠は
誰もがもっている
その心の中にしか
起きない奇跡なんだ

ずっと
ずっと
心の中に

132. さっきまでの雨  2005.10.26

さっきまでの雨が嘘みたいに
君が微笑むから
思わず抱きしめた
もう離さない
もう離さない

さっきまでの涙が嘘じゃないこと
僕は知っているから

131. 同じだけ  2005.10.24

始めなきゃ 始まらない
始めなきゃ 終わりもない

恐れているのは
傷つくこと 傷つけること

涙を流した分だけ
人は優しくなれる

だから
恐れてはいけない

同じだけ
孤独を与え合って

同じだけ
抱きしめ合いたい

130. 忘れられない  2005.10.24

何もない日常より
忙しさを求めて 求めて

悲しい想いを
忘れたいと願う

でも
一度刻まれた痛みは
ずっと忘れられない

忘れたい 忘れたい

本当は
忘れたくない・・・

129. 満月の夜に  2005.8.21

満月の夜に
また一つ
願いが叶った

君と僕の時間の中で
あとどれくらい
花を咲かせられるだろう

満月の夜に
また一つ
願いが増えていく

128. その一言で  2005.8.16

その一言が
私の人生を変えた

なんて
大げさに聴こえるかもしれない
でも本当なの

誰かの一言が
誰かの運命を変えてゆく

その一言で
運命を変えられる

127. そっと目を閉じて  2005.7.25

そこから見える空は
どんな色をしていますか

ここから見える色と
同じでしょうか

この空は
どこまで続いているのでしょう

この時間は
何に向かって刻んでいるのでしょう

形あるものに惑わされないで
真実は目に見えないところに
必ずあるもの

そっと目を閉じて
すっと息を吸って

126. 強い人間  2005.7.20

テレビから響く音だけが
私に何かを伝えようとする

すべてを受け入れられるほど
私はそんなに大きくない

でも
すべてを受け止められるくらい
強い人間でありたい

そんなあなたに憧れます

125. 扉の鍵  2005.7.10

真実はこの胸の中
誰にも知られることがないまま
眠っています

誰かに誤解されること
それは嘘をつくことよりも辛い

一人でも理解者がいれば
心は救われるのに

この扉の鍵は
きっと
あなたが持っている

124. 帰る場所  2005.5.12

空が
こんなに
広かったなんて
しばらく忘れていた

星が
こんなに
近くにあったなんて

甦っていく記憶が
心を解き放とうとする

人には帰る場所がある
自分だけの場所が必ずある

123. 愛するひと  2005.5.8

いつかこの空の下で
愛するひとと
手をつないで
もう一度
流れ星を見ることが
できるだろうか

一緒に笑って
一緒に涙して
一緒に生きていけたら
どんなに幸せだろう

122. 同じ痛み  2005.4.14

どんなに傷ついても
そこには辿りつけない

この世界に
君が一人しかいないように
本当の痛みは
その人じゃなきゃわからない

それでも知りたくて
同じ痛みを感じたくて
限りある時間を一緒に
生きたいから

121. 本当の鏡  2005.4.11

僕は何を目印にここまで
歩いてきたのだろう

出会うたびに増えていく
自分という鏡
どれが本当の自分なのか
わからなくなる

一つだけ
見つめ合える鏡が
君の中にあった

120. 出会い  2005.3.3

出会いに無駄は無いと
君が教えてくれた

そして僕は
初めて太陽の光を浴びた気がした

もう何も恐れない
今ここに在る幸せを
ちゃんと刻んでおきたいから

119. わがままな動物  2005.2.22

ひとりに慣れると
ふたりが窮屈に思える

ふたりに慣れると
ひとりが寂しく思う

毎日ないものねだりをして
生きている
わがままな動物

118. 味方  2005.1.19

君の一言で
明日も生きられる気がした

ひとりじゃ生きられない
ずっと そう思っていた
でも そうじゃなかった

ひとりで生きられる人も
いるかもしれない

でも
私があなたを想うように
人は必ず誰かに見守られている
誰かの心とリンクしている
その味方に気づいたら
もっといい風が吹く

117. 孤独  2004.12.9

毎日乗る満員電車
どれだけの人と
押し合いをしただろう

毎日数え切れないほど
出逢っているはずなのに
私をどこまでも孤独にさせる

ここは
夢なのか
現実なのか
未来なのか
過去なのか・・・

時々
わからなくなる

だから
手をつないで
離さないで
ずっと眠るまで

手をつないで
離さないで
ずっと眠るまで
強く

116. アキラメナイデ  2004.12.1

またそこから
始めればいいさ

何度でも
また始めればいい

何もないところから
すべてが
始まったのだから

115. 雪の降る夜  2004.11.17

また雪が降る
あの時と同じ音で
しんしんと

息が白くなる
あの時と同じ色で
ふわふわと

澄んだ空気に
身を委ね
星は輝く

また足跡をつけられる
喜びに
心が躍る

114. 生かされている   2004.11.2

夜の真ん中で
今
僕は
呼吸をしている

無意識のまま
動く心臓と
成長する細胞

生かされている

この身体がいつか
機能停止になるまで
使い切ればいい

様々な出逢いを求めて
人は彷徨う

感じる心に今
水をあげよう

夜の真ん中で
今
僕は
生きている

113. 自分   2004.9.22

逃げようとしても
逃げられないよ

何処へ行っても
離れられないよ

だって
いくら嘘をついても
自分には
嘘つけないでしょ?

まっすぐ
見つめてごらん

きっと見つかるから

112. 電話   2004.9.21

夢の中で
電話が
ずっと
鳴っている

早く出たいのに
手が思うように
届かない

それが
君からの
最後の
電話だった

111. 想い   2004.8.1

夏の陽射しが 
僕を何処までも 
連れて行こうとする 

その光の中で
君は歌っている

想い出は
想い出のままでいい
記憶の中で 
何度もそこへ 
訪れるから 

永遠という扉に閉ざされた
心の中で
生き続ける
君への想い

110. 眠れない夜   2004.7.19

眠れない夜は
明日が来ない気がする
もう逢えない気がする

そんな夜は
母親のような温もりに
抱かれて眠りたい

誰かを幸せにしたい気持ちが
無意識に強がらせるんだ

そんなに強くないのに
そんなに偉くないのに


眠れない夜は
君に手紙を書こう

109. 籠   2004.7.12

ここから見える世界に
君といた

当たり前の現実が
今は夢のよう

もう なくことしか出来ないのかな
もう ここからは出られないのかな
もう 飛べないのだろうか

血塗れの魂
見せないように
いつもギリギリまで
貫こうとする

消えそうな時
君の一言で
いつも救われる

その瞬間
まだこの世界にいていいかなって
思えるんだ

君が
そこに
いるから

108. 眠らせて   2004.7.5

目を閉じれば
何処へでも行ける

君の
夢の中や
心の中や
体の中だって

もう何も
恐れなくていい
ってわかっていても
震えが止まらないんだ

だから今
永遠っていう
キスで眠らせて

107. 視聴者   2004.6.22

あなたは私のものじゃない
私はあなたのものじゃない

一つになれないもどかしさで
壊れそうなとき
同じ孤独を与え合えたらいいのに
って願う

そう互いが願う瞬間

一つになっていることに

まだ二人は

気づいていない


身体を重ねれば

一つになれるわけじゃなく


心が一つになるとき

二人は初めて
同じ世界に生きられる

106. 僕だった   2004.6.9

誰かにかまって欲しいとき
誰にも触れて欲しくないとき

忙しければ忙しいときほど
こころは誰かを必要としている


誰もかまってはくれない
誰もかまってはくれない
いつもそう思っていた

心を開いてくれないと・・・


それは
僕だった

105. 秘密   2004.6.7

早くその扉を閉めて
誰かが入って来ようとしてる

早くその扉を閉めて
時間の速さを変えて隠れよう

僕らに出来る奇跡
誰にも言えない秘密

誰もが持っている
心の天使と一緒に踊ること

なんて
恥ずかしくて言えない秘密

104. 深海   2004.6.6

あなたには
この声が
聴こえますか?

助けて

いつも孤独と戦って
寂しくて泣いていても
気づかれないのは
切ないね

泣き疲れた心は
母親に似た温もりを欲してる

息が苦しいのは
自分の声を忘れてしまったから

どんなふうに
笑っていたのか
教えてください

このまま深い眠りにつく前に
今あなたに逢いたい

103. 声と体温   2004.5.9

どこまで話せば
本当だって
信じてくれるだろう

言葉は
時々
事態を悪化させる

だから今
声と体温で
繋がりたい

102. 今教えて   2004.5.8

出逢ったときにはもう
始まっていた 惹かれていた
君のその薫りに

どれくらい 時が経てば忘れられる tell me
どれくらい からだ重ねたら心まで癒える?
 
闇の中 トンネルを抜け出せずにいる
出口はあるだろうか 

今教えて 許せない過去を
どうすれば受け入れられる?
今教えて 愛してる人を
どうすれば守ることが出来る? 


忘れそうな季節が
不意に頬を 撫でていく
甦る想い出 

どれくらい 裏切れば忘れられる tell me
どれくらい 涙すれば心は救われる? 

夢の中 生と死をいつも彷徨っている
出口はあるだろうか 

今教えて 許せない過去を
どうすれば受け入れられる?
今教えて 愛してる人を
どうすれば守ることが出来る?

101.  負けそうなとき   2004.4.12

此処にいたいのか
何処かへ行きたいのか
それすらもわからないほど
自分を見失ったら

そっと見上げればいい

宇宙まで繋がっている青く広い
この空を
明日を与えにいく太陽を


光も影もなく
此処はどこなのか
自分は誰なのか
孤独に魂を奪われそうなときは

そっと見上げればいい

たくさんの想いが浮かんでいる
この夜空を
孤独と戦っている月を